大阪でのスロット設定狙いブログ

大阪でパチスロを楽しむ兼業スロッターの収支ブログです。設定狙いが中心です。

あの頃は良かったと全台新基準になってから思わないために

今更ですし、詳しく書いている所も多いので

私からは施行から数ヶ月後のユーザー視点ということで

 

 



まず、この新基準と言われているものの内容ですが

ウィキペディアによると下記URLのように説明されております

https://ja.wikipedia.org/wiki/5%E5%8F%B7%E6%A9%9F_%28%E3%83%91%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%AD%29#AT.E6.A9.9F.E3.81.AE.E6.B6.88.E6.BB.85.E3.81.B8


十分わかりやすく書いてくれていますが、要はコイン持ちを悪くできないということですよね

コイン持ちを良くして当たりを重くすることでグラフの波を穏やかにするのが目的かと思いますが

この当たりの重さが本当にだるいです

やっと当たっても初当たりの試行回数がかなり減るので事故を待つことも難しくなりますし

店にとってもユーザーにとっても残念な内容となっているかと思います。



実際に、ホールでも新台で出た当初は稼働しているものの

1週間後にはガラガラというのがザラというか、新基準になってからそうじゃない台をまだ見ていないです

唯一、マイホでは北斗強敵の全456をやっていた日には終日満席でした。

『最低4以上なら打つユーザーは多い』というのはメーカーも考えているようで

設定示唆演出が最近多いのもこの流れでしょうか

確かに、どんなに文句を言っても4以上の演出が出たら私も打つと思います



あいにく5号機に変わってしばらく経ってからの新参者なので

4号機から移り変わった時期を知りませんが

似たような感じだったのかな、と思いを馳せます

よく、

”当時はみんな4号機の打ち納めをしていて、リンかけダーマンの6はスルーだった”

などといった書き込みを掲示板などで見ますが

実際、現状は全国的に見て新基準に設定がよく入っているのでしょうか?

マイホでは特に区別なく設定配分されていますし

スルーされている気配もないのでなんとも言えません・・・



なにはともあれ、旧基準は今年(2016年)の7月までということなので

あと半年間でしっかり打ち納めをして

その後どうしていくかを考えたいなと思っています。